茶香服(ちゃかぶき)体験



茶香服とは、数種類のお茶を飲み比べ、その茶種茶銘を当てる競技であり遊びです。
茶業者は茶鑑定技能向上にこの競技を行い、宇治市をはじめ茶所の市町村では市民を対象にした大会が行われたり、学校教育、老人ホームでは痴呆防止に取り入れられたりしています。
茶香服の歴史は古く、室町時代に流行した闘茶が祖と言われています。闘茶は日本で最初に開かれた茶園がある京都の“栂ノ尾地区”で採れた茶葉を本茶、それ以外の茶葉を非茶とし、1対1の対戦形式で本茶非茶を飲み比べ、2択をどちらかが誤るまで続けるというものでした。当時大流行しましたが、あまりに加熱し高価な茶器や領地財産などを賭け対象とした為、室町幕府より禁止令が出される程でした。
 現在の茶香服の基本は5種類のお茶を飲み比べ、その5種類を当てると言うものです。
使用するお茶により難易度が変わります。又この競技の難しい所は全て熱湯で抽出する事と1つ飲むごとに解答しなければならないという事です。
 味覚だけでなく五感と記憶力が必要な競技です。一度体験されてはいかがですか。

5種類のお茶を飲み比べ

味覚だけでなく五感と記憶力が必要です


■ 15人以上から25人までの団体様予約専用です。
※ 料金     一人分:1700円(税込)
※ 体験時間   約45分
※ 指導者    全国茶審査技術競技会 有段者
※ 使用茶    
      【 花印 】  上玉露
      【 鳥印 】  並玉露
      【 風印 】  上煎茶
      【 月印 】  並煎茶
      【 客印 】  玄米茶

※ 上記5種類のお茶を飲み比べ当てるゲームです。
  2回行いますので1回目は5煎、2回目は4煎、合計9煎お茶を飲んで頂きます。
  5点×2=10点満点で体験して頂きます。

※ 4月20日~7月20日の3か月間は茶繁忙期の為休止とします。

※ 詳しくはお問い合わせください。

  電話 0774-21-7039 ご予約は必ずお電話でご連絡ください。
  【FAXでのご予約もできます。FAX 075-320-1711】
  ご希望や時間帯のご予約はお気軽におたずねください。

  ■メールでのお問合せはこちら(ご予約はお電話かFAXでお願い致します)